【鹿児島】本物の頭蓋骨をデッサンに使用!なぜ判明されたのかを調査!

この記事は1分で読めます

【鹿児島】美術のデッサンに本物の頭蓋骨が使用されていたことが判明
スポンサードリンク

衝撃に事実が発覚しました。
鹿児島県にある甲南高校の美術のデッサンに使用されていた頭蓋骨が本物である事が分かりました。

なぜ、今頃になり判明されたのでしょうか?!

スポンサードリンク
<

【鹿児島】甲南高校の美術のデッサンに本物の頭蓋骨が使われていた!

2018年12月6日(木)に事件が発覚しました。
今回、本物の頭蓋骨があった高校は
鹿児島県にある甲南高校です。

こちらの高校では20年以上も前からこの頭蓋骨が保管されていました。
保管されていた場所は
牛の骨などと一緒にデッサン室の棚に保管されていたようです。

スポンサードリンク

なぜ本物の頭蓋骨だと判明したのか!

ここで疑問に思うのが、
20年以上も前から保管されていた頭蓋骨が
今頃になって本物だと判明したのでしょうか?!

2018年6月の事、
鹿児島市内の県立鶴丸高校で約50年前に亡くなったとされる
女性の頭蓋骨が見つかった騒動があったようです。
この騒動をきっかけに県警へ鑑定を依頼、
その結果、人骨と判明したという。

今回、甲南高校で発見された頭蓋骨の身元は分からず、
現在分かっていることは

30~40歳の女性とみられ、
旅行死亡人として市の方で対処するようです。
また、高校側には県警から『事件性はない』と説明されたようです。

吉元彰一教頭は「頭頂部にはシールを貼ったような3、4センチ四方の痕があり、学校の備品だと思った。なぜ(本物が)あったのかわからない」と話している。
引用

また他校でも同様の事例がないか県教委は今後調査するようです。

あとがき

今回発覚した頭蓋骨をデッサンするために
今年6月にも生徒1人がモデルにしていたようです。

今後、学校側からの説明会などが行われると思いますが
何とも言えない気持ちになりますね・・。
他の学校でもきちんと調べて欲しいです。
子ども達の精神的な負担がなければいいのですが・・。
お付き合いくださいまして有難う御座いました。
スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。