プリンセス駅伝【飯田怜】なぜ膝をつき流血?その原因は何?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2018年10月21日(日)に
福岡で行われた第38回全日本実業団対抗女子駅伝の
第4回予選会『プリンセス駅伝IN宗像・福津』で
岩屋産業の『飯田怜』選手が、
走れなくなるアクシデントに見舞われました・・

この記事では飯田怜選手がなぜ膝をつき
流血していたのか・・
その原因に迫りたいと思います。

スポンサードリンク
<

プリンセス駅伝でなぜ飯田怜は膝をつき流血したのか?

今回の『プリンセス駅伝』でなぜ飯田怜選手が
第二中継所手前の約200m前で
膝をつき痛々しい姿でハイハイをしながら
タスキを渡したのでしょうか・・


観るのが辛いなんて言ってはいけないですよね・・
仲間にタスキを渡す!
その強い想いが今回の結果になったんでしょうね。


この姿を見て正直に感動もありましたが・・
こんな状態でいいのか?駅伝・・

スポンサードリンク

岩屋産業『飯田怜選手』が流血した原因は何?

飯田怜選手が流血した原因は一体なんだったのでしょうか?!

調べていくと・・
体調不良によって
走れなくなったことが
ふらつき転倒の原因とありました。
転倒から起き上がれず、
気力で四つん這いとなり
流血しながらタスキを繋ぐ・・
そんな状況だったようです・・

チーム戦なので、体調管理を出来なかった
自分を抑え込みの出場となったようです。

追記:2018年10月22日(月)
新しい情報が入りましたので追記します。
骨折の事実の追記が遅くなってしまいましたことを
深くお詫び申し上げます。

飯田怜選手が転倒する瞬間の映像がこちらです。

後ろから来る選手に足を取られ、
転倒する姿が映っていました。

この転倒により骨折になったのでしょうか?!

飯田は右脛骨(けいこつ)の骨折で全治3~4カ月と診断された。レースから一夜明けたこの日も「安静にしておいたほうがいいということだった」(広瀬監督)と、福岡県内の病院に入院している。どのタイミングで骨折したのか、については広瀬監督は「今の段階では、いつ折れたのか、よくわからない」と話した。

引用

いつから骨折していたかは分かりませんし、
この転倒が原因かもしれませんが
いつ骨折がしたかが分からない以上
謎に包まれます・・
それだけに、飯田怜選手の想いも伝わりますね!

あとがき

岩谷産業の飯田怜選手がなぜ膝をつき流血したのか・・
その原因は「体調不良によるふらつき転倒」が
原因でした・・。

その原因は、右脛骨骨折による痛みがあり、
立ち上がれる状況ではなかった・・。

ルーキーでの大会で、
先輩にタスキを繋げなければ!!その
想いの強さに、やはり
頑張り過ぎたよ!!(頑張った!!)
でも、メンバーは嬉しかっただろうし
熱い想いが繋がったよね!
こんな大会はもうないでしょう・・!

お付き合いくださり有難う御座いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。