【札幌中央卸売市場】地震の被害状況や復旧の目途はいつ?カニはどうなった?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

2018年『平成30年北海道胆振東部地方地震』の
影響は様々な場所で起きています・・。

北海道と言えば海産物を
想像する方も多いはず。

今回は、札幌の名所の1つでもある
【札幌中央卸売市場】の
地震による被害状況や
生け簀被害は?や
復旧の目途はいつか?を
まとめました。

スポンサードリンク
<

【札幌中央卸売市場】の被害状況は?!

札幌中央卸売市場は、
何十件とお店が並び、季節によって
旬の野菜や果物が並び
また、色んな種類の魚介類を見て楽しみながら
何なら試食も出来て!
美味しい観光名所だと
私は思っています!

地方の方への発送も出来るし
北海道の魚や野菜を送るととても
喜ばれます♬

今回起きた地震『平成30年北海道胆振東部地方地震』での
中央卸売市場被害状況が気になります・・。
早速、調査をしました。

【札幌中央卸売市場】の被害状況は?!

札幌中央卸売市場も停電の為、
大きな被害が出ています。

こちらは2018年9月7日の情報です。

地震による停電の影響で、札幌市内の鮮魚店の多くが冷蔵庫を使えず買い付けを控えているため、札幌市の中央卸売市場では競りができず入荷した水産物の一部を青森県などに移送せざるをえなくなっています。

札幌市中央区の中央卸売市場では6日午後に停電が復旧しましたが、札幌市内には今も停電しているところが多くあります。

冷蔵庫を使えなくなった鮮魚店が買い付けを控えているため、市場は競りを取りやめています。

今は秋サケのシーズンで、一部は停電が復旧した鮮魚店などに個別に販売していますが、大半は市場の大型冷蔵室に保管されたままとなっています。

中央卸売市場は青森県八戸市や宮城県気仙沼市の加工会社に一部の水産物を移送したということです。

中央卸売市場の卸売業者、高田直幸さんは「さまざまな対策に取り組んでいるが、市場が元どおりになるためには小売業者の復旧が最も大切だ」と話していました。

引用

市場となると普通の冷蔵庫ではなく
業務用冷蔵庫を所持していると思いますが、
今回の停電により冷蔵庫の機能が発揮できない為
新しく魚を買い付ける事が出来ません・・。
その為、セリが出来ない状況になりました。
1部、電気が復旧している店舗への販売を
されてるようですが、1部の範囲は決して
たくさんではないでしょう・・。
また、一部の加工できる魚は道外への
移送をしたいと思っているようです。

【札幌中央卸売市場】生け簀の被害は?!カニはどうなったのか・・。

札幌中央卸売市場には各店舗(店舗による)に
生け簀(いけす)が設置されています。
自分の目で見て、店員さんにアドバイスを
貰いながら、購入する『かに』などを
選ぶことができます!
また、生け簀で選んだカニは
店舗で塩ゆでしてくれて、
発送先にとどきます。
受け取った側は、自然解凍を待てば
めっちゃうまうまなカニを食べれます!

・・・が、今回の地震の被害で
停電が復旧していないことが判明。

生け簀の被害状況はどうなっているのでしょうか・・。
カニは大丈夫なのでしょうか・・

地元の方の情報

生け簀はほぼ全滅・・。
とのことです・・。

生き物ですもの、酸素がなくなり
どうしようもなかったんだと思います。

これを受け、お店側の被害も多大な物と
なったのは確かでしょう

札幌中央卸売市場の復旧の目途は?!

2018年9月7日21:00現在も
停電の復旧報告はありません・・。

仮に、今すぐ電気が通ったとしても
大型冷蔵室が機能するまでには
時間が必要ですよね。
冷蔵室に入っているものも
整理するだろうし・・。

現状、復旧の目途は立っていません。

あとがき

札幌中央卸売市場の被害状況や
復旧の目途について
お伝えしました。

一日も早く復旧し、
以前のような活気ある
札幌中央卸売市場になりますように。
また、北海道に行ったときは
買い出しに行きますね!

最後まで読んでくださり有難う御座いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。