【トワイライト映画】の子役の現在は!マッケンジー・フォイ画像・出演作品も!

この記事は3分で読めます

トワイライトに出てくる可愛い女の子は誰?!
スポンサードリンク

こんにちは~!
今回は【トワイライト映画】に出演している
可愛い女の子の子役『マッケンジー・フォイ』が
【実写映画 くるみ割り人形】に出演しています!
現在の画像や出演作品などをまとめていきたいと思います☆


マッケンジー・フォイ♡
色白でメチャクチャ可愛い~♡

スポンサードリンク
<

【映画トワイライト】とは?

原作:ステファニー・メイヤー

予告動画

ステファニー・メイヤー原作のベストセラー小説の映画化第1弾。「トワイライト~初恋~」は2009年4月4日全国公開。ベラ(イザベラ)・スワン(クリステン・スチュワート)は、内気だが思いやりのある17歳の美しい高校生。母親の再婚をきっかけに、大都市のフェニックスから、父親の住む霧と雨の町フォークスに移り住むことに。転校した学校で、芸術的に美しく卓越した知性を持つエドワード・カレン(ロバート・パティンソン)に出会ったベラは、またたくまに彼の虜になってしまう。これまで人を好きになったことがなかったエドワードも、戸惑いながらもベラの魅力に惹かれていく。実は、エドワードは現代に生きるヴァンパイアだった。彼の一族は人を狩らずに獣の血だけで生きる「菜食主義者」だったが、ベラの血の香りはエドワードにとって、あらがえないほどの魔性の魅力を持っていた。自分の想いは相手を破滅するかもしれないと怯えつつも、二人は磁石のようにひきつけ合い、「最初で最後の恋に」のめりこんでいく。そんな中、人間の血を狙う残虐な放浪ヴァンパイアが現れ、ベラを追いはじめる。彼女には特別な何かがあるのか?ベラとエドワードの未来はどうなってしまうのだろうか?

ベラとエドワードの美しい容姿と、
2人の禁断の恋に目が離せませんでした!
そして二人の話しには続きがあるのです!
『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』で
マッケンジーフォイが登場。

予告動画はこちら

不滅の子を演じる子役のマッケンジーフォイ

この頃から可愛さが引き立っていますよね~♡

映画が気になった方は
Hulu

U-NEXT

dTV
で『映画トワイライト』シリーズがみれますよ☆

スポンサードリンク

マッケンジーフォイの現在の画像や出演作品

マッケンジーフォイ

 

View this post on Instagram

 

Mackenzie Foyさん(@mackenziefoy)がシェアした投稿


生年月日: 2000年11月10日 (年齢 17歳)
身長:159㎝
出身地:アメリカ合衆国ロサンゼルス
趣味:読書

出演作品

■2012年12月12日 (フランス)
「アーネストとセレスティーヌ」
■2012年2月25日公開
「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1」
■2015年11月21日公開
リトルプリンス 星の王子さまと私
■2013年10月11日公開
「死霊館」
■2014年11月22日公開
「インターステラー」
■2018年11月30日公開
「くるみ割り人形と秘密の王国」

4歳からモデルを始め、
その頃から既に完成されつつある容姿!


本当に美しすぎます( ;∀;)♡
ずっと見ていられる!

マッケンジーフォイのインスタで
「小さい私とミッキー」でUPされていました!

 

View this post on Instagram

 

Mackenzie Foyさん(@mackenziefoy)がシェアした投稿


そんなマッケンジーフォイの現在は☆

 

View this post on Instagram

 

Mackenzie Foyさん(@mackenziefoy)がシェアした投稿


ディズニー実写映画
『くるみ割り人形』のヒロインですもんね~!!
美しすぎる~♡

もっと現在のマッケンジーフォイが観た~い!
と思う方は、
マッケンジーフォイインスタ
で現在の彼女がみれますよ☆

あとがき

まだ17歳のマッケンジーフォイ♡
もっときれいになる事間違いな~い!!
今後の活躍が期待されますね!

そして、ディズニー実写映画
『くるみ割り人形』から、どんどん
色んな作品に引っ張りだこになりそうな予感!

「映画トワイライト」に出演していた
可愛い子役の女の子はマッケンジーフォイでした。
現在の彼女はディズニー映画のヒロイン☆
過去の画像や、出演作品をまとめました。
トワイライトの原作下2はこちら

トワイライト下3はこちら

トワイライト最終章はこちら

最後まで読んでくださり有難う御座いました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。